幻想的な光景にうっとり 横手のかまくら開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大勢の観光客が訪れた「かまくら」=横手市役所本庁舎前

 秋田県横手市の小正月行事「かまくら」が15日、2日間の日程で始まった。断続的に雪が降る中、かまくらに明かりが次々にともされ、観光客を雪国ならではの幻想的な世界にいざなった。

 かまくらは高さ約3メートル、直径約3・5メートルで、市中心部などに約100基設置された。市観光協会が認定した15人の「かまくら職人」をはじめ、事業所などが作った。

(全文 427 文字 / 残り 258 文字)