あったか鍋に舌鼓、五城目町朝市通りにぎわう

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多くの来場者でにぎわった鍋まつり

 五城目朝市を拡大したイベント「あったか鍋まつり」が17日、秋田県五城目町の朝市通りで行われ、冬の味覚を求める大勢の人でにぎわった。通り沿いにある福禄寿酒造では酒蔵開放が合わせて開催され、まつりを盛り上げた。

 通りの一角では、同町の女性グループや朝市出店者、地元商店会などが、町の名物「だまこ鍋」、刻んだ山菜を具材にした「きゃのこ汁」、旬の「タラ鍋」などを販売。湯気と香りに誘われ、買い求める人の列ができた。

(全文 448 文字 / 残り 244 文字)