「道頓堀角座」が閉館へ 伝統の名称、5年で幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7月末に閉館する「道頓堀角座」=大阪市

 松竹芸能は16日、大阪・道頓堀の劇場「道頓堀角座」を7月末に閉館すると発表した。「角座」は江戸時代の芝居小屋を起源とする歴史ある名称。2013年にオープンし、若手芸人のライブなどを開いてきたが、5年で終了する。

 同社によると、定期借家契約の満了が理由。劇場周辺は外国人観光客が急増しており、地価の高騰が影響して所有者側から契約の延長は困難と伝えられたという。同社は現在、大阪市内の別のエリアで劇場の移転先を探している。

 同社は今後、時代の変化に合わせてインターネット上に「WEB角座(仮称)」を立ち上げて所属タレントの動画配信を強化するなど取り組みを始める。