ベルリン映画祭で富名監督作品 温かい拍手に包まれる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第68回ベルリン国際映画祭で上映前に笑顔を見せる(右から)内田也哉子さん、田中椿さん、富名哲也監督、田中日月さんら=17日(共同)

 【ベルリン共同】世界三大映画祭の一つ、ドイツで開催中の第68回ベルリン国際映画祭で17日、11~14歳の子どもらが審査員を務める「ジェネレーションKプラス」部門に出品されている富名哲也監督の「Blue Wind Blows」が上映され、会場は温かい拍手に包まれた。

 富名監督や主演の中学1年田中日月さん(13)、妹の小学4年椿さん(10)、文筆家で俳優の内田也哉子さんは、地元の家族連れや子どもが詰め掛ける中、レッドカーペットを歩いて会場入り。

 富名監督は「こうしてドイツの人たちに迎え入れてもらって、すごく温かい気持ちになり、ほっとしました」と話した。