柔道上達のこつ、世界王者が伝授 県立武道館で教室

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
向井さん(後方右)から相手の体勢を崩す方法を教わる児童たち

 小学生以下を対象とした少年柔道教室が18日、秋田市の県立武道館で開かれた。約250人が、柔道の楽しさや上達のこつを教わった。県柔道連盟の主催。

 教室は全国少年柔道協議会が各地で行っており、本県での開催は2年ぶり。講道館の道場指導部課長の向井幹博さん(55)、昨夏の全国高校総体(インターハイ)女子団体を制した神奈川・桐蔭学園高女子柔道部監督の廣川真由美さん(41)、2011年世界選手権女子57キロ級を制した佐藤愛子さん(34)が講師を務めた。

(全文 472 文字 / 残り 249 文字)