雪下ろしで女性骨折、大館 大仙では空き家の小屋倒壊

お気に入りに登録

 秋田県内で19日、雪下ろしに伴う事故や雪の重みによる建物の倒壊が発生した。

 県警によると、大館市清水5丁目で午前10時半ごろ、物置小屋の雪下ろしをしていた女性(64)が脚立から約2メートル下の地面に転落し、右かかとを骨折した。

 大仙市大曲須和町では午前11時20分ごろ、空き家の物置小屋約3平方メートルが倒壊した。屋根には約1・5メートルの雪があったという。