県庁舎敷地内、禁煙へ 10月から、県議会棟は未定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県本庁舎の敷地内にある屋外喫煙所。10月からは県庁舎の敷地内でたばこが吸えなくなる

 秋田県の佐竹敬久知事は20日の2月県議会本会議で、受動喫煙防止に向けて今年10月から県庁舎敷地内を禁煙にする考えを明らかにした。健康長寿日本一を目指す取り組みの一環。県職員は勤務時間中の喫煙ができなくなる。ただ、本庁舎と棟続きになっている県議会棟の対応はまだ決まっていない。

 現在、県庁舎は屋内禁煙とし、屋外に喫煙所を設ける分煙方式を採っている。佐竹知事は「分煙をしても、たばこのにおいで体調を悪くする非喫煙者もおり、受動喫煙を完全には防止できない」と説明。「今年10月からの県庁舎敷地内禁煙を目指して調整している」と述べた。佐藤雄孝氏(自民)の代表質問への答弁。

(全文 819 文字 / 残り 536 文字)