花柳誌「美人の秋田」復刻 秋田市の小松さん働きかけ、実現

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
復刻した「美人の秋田」を手にする小松さん

 秋田の花柳界を題材にした昭和初期の雑誌「美人の秋田」の復刻版を、東京都台東区のカストリ出版が刊行した。文芸人や新聞記者など20人近くが寄稿した小説や随筆をまとめた一冊で、華やかなりし情景を生き生きと描写。復刻版の発行に携わった秋田市の小松和彦さん(41)=工芸ギャラリー経営=は「かつて秋田を彩った大衆文化の一端に触れてほしい」と話している。

 「美人の秋田」は1929年、秋田市生まれで東京日日新聞(現毎日新聞)の記者だった山田憲三郎さん(03~72年)が編集・発行した。山田さんは退職後、同市中通の劇場「ひかり座」で経営支配人を務めるなど、興行界でも活躍した。

(全文 959 文字 / 残り 677 文字)

小松和彦さん連載中、さきがけ電子版オリジナルコラム