今回のテーマは「北限の茶」 ミュージカルで盛衰表現

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本番を間近に控え、稽古に汗を流す出演者

 秋田県能代市民有志による「能代ミュージカル」の第37回公演「未来へつなぐ北限の茶」が25日午後1時半から、同市追分町の市文化会館で上演される。小学1年から80代の市民約110人が出演し、桧山地域に伝わる桧山茶の歴史を伝える。

 NPO法人能代市芸術文化協会(棚橋晴生会長)が主催し、制作委員会(嶋田節子委員長)が制作。演奏や照明、チケット販売には約60人が携わっている。

(全文 606 文字 / 残り 421 文字)