東北の着物:紙布(山形県) 墨の文字、文様に変身

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
帯は「古代紙布織」(中央)。反物は「草木紬(つむぎ)白鷹織」

 若い時のものだから着られない、どうにも組み合わせが難しい、そんな着物があったら、この紙布の帯をお薦めします。シンプルだからコーディネートしやすく、差し色として赤や緑の帯締めや帯揚げを合わせても引き立ちます。

 機能面でも優秀。軽くて、冬は暖かく、夏は涼しい。しかもドライクリーニングができるんです。着慣れた方だけではなく、これから着物を着たいという方にも真っ先に紹介しています。

(全文 705 文字 / 残り 516 文字)

この連載企画の記事一覧