健康づくりは「気遣いが大事」 鹿角でタウンミーティング

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市民の健康づくりを目的に開かれたタウンミーティング

 鹿角市民の健康づくりを推進するためのタウンミーティングが20日、同市花輪の文化の杜(もり)交流館コモッセで開かれた。同市の課題である脳卒中死亡率の改善に向け、関係者が意見を交わした。

 秋田大大学院医学系研究科の中村順子教授をコーディネーターに迎え、市担当者、理学療法士、食生活改善推進員がデータを説明したり、取り組みを紹介したりした。

 中村教授は「健康づくりも地域包括ケアも気遣いが大事。周囲の人への呼び掛けを『余計なお世話』ではなく『偉大なおせっかい』だと捉え、みんながつながりながら活動してほしい」と述べた。

(全文 673 文字 / 残り 416 文字)