カーリング女子、3位決定戦へ 第15日、韓国に惜敗

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
平昌冬季五輪カーリング女子準決勝の韓国戦で、延長第11エンドに韓国の決勝のショットが決まり、肩を落とす藤沢(奥右)、吉田知(同左)ら=23日、韓国・江陵(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪第15日の23日、カーリングの女子準決勝で日本代表のLS北見は韓国に7―8で敗れ、3位決定戦に回った。24日夜に英国と対戦し、勝てば男女を通じて日本勢初のメダルを手にする。25日午前の決勝には韓国とスウェーデンが進んだ。

 男子は3位決定戦でスイスがカナダを破った。

 フィギュアスケートは女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)4位の宮原知子が合計222・38点で4位とメダルに一歩届かなかった。SP5位の坂本花織は209・71点で6位だった。

 スピードスケートの男子1000メートルで、日本記録保持者の小田卓朗が5位入賞を果たした。