「秋田から新しい日本を」 石破氏、秋田市で講演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
講演する石破元地方創生担当相

 秋田商工会議所青年部主催のセミナーが24日、秋田市文化会館で開かれ、自民党の石破茂元地方創生担当相が講演した。本県の活性化には民間が知恵を出し合い、磨くべき素材を掘り起こすことが必要と強調し、「いつの時代も国を変えるのは地方。秋田から新しい日本をつくってほしい」と話した。

 セミナーは、同青年部が毎月開いている勉強会の一環で開催。「次世代にあきたを残すためにALL秋田で考えよう」をテーマに行われ、約400人が来場した。

 石破氏は本県の農林水産業には伸びしろがあると指摘。厚型の木質パネル建材「CLT」を使って、自治体などが図書館や病院、公民館といった大型建築物を造れば、県内林業の振興につながっていくと提案した。

(全文 482 文字 / 残り 174 文字)