佐々木希編集長の秋田ある記:川連漆器「蒔絵」を体験

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
朱塗りの小皿に桜を描く希編集長

 秋田魁新報社「秋田の魅力発信」編集長の佐々木希さんが秋田県湯沢市の川連漆器伝統工芸館を訪ね、伝統的工芸品・川連漆器の歴史や特徴を取材するとともに、代表的な装飾技術である蒔絵(まきえ)に挑戦した。

 川連漆器職人で県漆器工業協同組合の理事を務める摂津広紀さんの案内で、同館1階の展示販売フロアを見学した希編集長。「とてもたくさんの種類がありますね」と驚いた様子。

(全文 525 文字 / 残り 345 文字)

あきたびじょん

取材時の模様

秋田魁新報