土濃塚(秋田北鷹)が連覇 国体スキー・10キロクラシカル

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【10キロクラシカル少年男子】力強く坂を駆け上がる土濃塚=新潟県妙高市の赤倉観光リゾートクロスカントリーコース

 26日に新潟県妙高市で行われた第73回国民体育大会冬季スキー競技会「にいがた妙高はね馬国体」第2日は、県勢の入賞ラッシュとなった。10キロクラシカルは少年男子で土濃塚悠成(秋田北鷹高3年)が2連覇を飾り、成年男子Aで田中聖土(早大4年)が5位。大回転は成年男子Bで中村和司(秋田ゼロックス)が3位に入り、成年女子Aでも沼森愛奈(東海大3年)が5位入賞した。純飛躍は少年で木村幸大(花輪高1年)が4位、湯瀬晃成(小坂高2年)が7位と健闘し、成年Bで湊祐介(東京美装)が5位、小山内佳彦(東京美装鹿角事業所)が7位、成田巨樹(小坂製錬)が8位に入った。第3日の27日は同市の3会場で複合、大回転、5キロクラシカルを行う。

(全文 309 文字 / 残り 0 文字)