秋田市新駅、市当局が質問要請 市議から非難の声相次ぐ

お気に入りに登録

 秋田市が2021年春の開業を目指すJR奥羽線「泉・外旭川新駅」(仮称)を巡り、開会中の市議会2月定例会で一般質問を予定している市議に対し、市当局が新駅にトイレや防犯カメラの設置を促す質問をするよう要請していたことが28日、分かった。

 市都市整備部の平山義尚部長は「情報提供のつもりだった」と弁明したが、市議からは「質問への介入だ」と非難する声が相次いだ。

(全文 731 文字 / 残り 553 文字)