生薬植物の加工場整備 当初予算案は骨格編成

お気に入りに登録

 秋田県八峰町の2018年度一般会計当初予算案の総額は59億900万円で前年度当初比5億2200万円(8・1%)の減。菌床シイタケの生産施設整備が完了した。4月に町長選を控えていることから、骨格編成とした。

 八森地域にある旧青少年の家の建物解体工事請負費に3423万円、20年度に開園予定の峰浜田中の統合子ども園建築設計委託料として2430万円をそれぞれ計上。町内農家が栽培するカミツレやキキョウといった生薬植物の加工作業場整備と栽培管理機器購入には計2011万円を充てた。

(全文 491 文字 / 残り 254 文字)