洋ラン5千株咲き誇る、ふるさと村 ドーム形オブジェ登場

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
約15種類のランで覆われた花のドーム

 「クリスマスローズと魅惑の洋ラン展2018」が1日、秋田県横手市の秋田ふるさと村ドーム劇場で開幕した。色とりどりの洋ラン、クリスマスローズなど計約5千株の花が展示販売され、来場者を楽しませている。ふるさと村とむつみ造園土木(秋田市)が毎年開いている恒例イベント。5日まで。

 場内の所々に、ランで飾った高さ4メートルほどのオブジェを設置。中でも花のドームは、白や赤のコチョウラン、黄色のシンビジウムなど約15種類で作られ、ドームの中を歩いて観賞することができる。

(全文 506 文字 / 残り 275 文字)