おらほのいきいき[鹿角市]減塩進め脳卒中予防

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ナトカリ比の測定器。少量の尿で簡単に調べることができる

 脳卒中死亡率の高さが大きな課題となっている鹿角市は、食生活で減塩を意識し、高血圧を予防してもらおうと、2016年度から「ナトカリ2・0作戦」と銘打った事業を展開している。

 市福祉保健センターで月1回、骨密度や血圧と併せ、体温計の形に似た機器で尿中のナトリウムとカリウムの比率(ナトカリ比)を調べる測定会を開催。カリウム1に対してナトリウム2以下とすることを目安に、保健師や栄養士が食生活見直しを提案する。

(全文 743 文字 / 残り 540 文字)

この連載企画の記事一覧