宮城・岩手産のカキ食べて エリアなかいちに出張小屋

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
出張カキ小屋のオープンに向け、にぎわい広場で会場設営をする岡本さん(右)

 宮城・岩手県産のカキを食べて東日本大震災の復興を応援する「出張カキ小屋」が3日、秋田市中通のエリアなかいちのにぎわい広場に期間限定でオープンする。カキの炭火焼きなどがその場で楽しめる。25日まで。

 にぎわい広場では、石巻市と岩手県宮古市産のカキを一盛り(5~7個)540円(税込み)で販売。会場内にテントを設置し、その場で炭火焼きで味わえるようにする。かき汁やカキフライなども販売する。

 営業時間は正午~午後9時。悪天候の場合は中止。問い合わせは実行委TEL090・6436・2355

(全文 628 文字 / 残り 385 文字)