栗駒山噴火想定、避難対策検討へ

お気に入りに登録

 秋田県東成瀬議会は2日、3月定例会議を開会。提出案件は17年度一般会計補正予算案、18年度一般会計当初予算案など26件。会期は20日まで。

 佐々木哲男村長は施政方針で、当初予算案について「村長選を控えているが、必要な行政需要に対応すべき施策を選択し編成した」と述べた。

 行政報告では、栗駒山の噴火対策について「栗駒山火山防災協議会」によるマグマ噴火の発生を想定したマップ案が示されたと説明。「風向きにより村全体に火山灰による被害が想定されている。避難計画の作成では、議論の進行状況を踏まえ、村としての避難対策を検討していく」とした。

(全文 474 文字 / 残り 207 文字)