ニュースの「つぼ」:発電事業の環境影響評価

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 県内で、再生可能エネルギーを含むさまざまな発電事業の開発や計画が進んでいる。一定規模以上の場合、事業計画を作成する上で必要となるのが環境影響評価(アセスメント)。手続きの過程では、地元の環境を知る住民らの意見を聞く機会が何度か設けられている。現在、秋田市飯島で計画中の石炭火力発電所と、秋田、能代両港湾区域内の洋上風力発電事業について、準備書の縦覧が行われている。

(全文 990 文字 / 残り 807 文字)

この特集の記事一覧