角館祭りの曳山、展示施設整備を検討

お気に入りに登録

 秋田県仙北市は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「角館祭りのやま行事」(角館のお祭り)=国重要無形民俗文化財=で使われる曳山(ひきやま)を、祭り期間以外でも見られる展示施設の整備を検討している。2017年度は、市が設置した展示施設整備検討委員会で構想がまとまらず審議は継続されることになったが、市は答申を受け次第、18年度にも具体的な準備を始めたい考えだ。

(全文 466 文字 / 残り 274 文字)