菌床シイタケ「10億円産地目指す」 八峰町長

お気に入りに登録

 秋田県八峰町議会は2日、3月定例会を開会。提出案件は18年度一般会計当初予算案、17年度一般会計補正予算案など37件。このうち同補正予算案や町固定資産評価審査委員、町沢目財産区管理委員の各選任案など26件を可決、同意した。会期は16日まで。

 加藤和夫町長は行政報告で、昨年12月末に完成した菌床シイタケ生産施設について、「今年2月から本格的に稼働した。(シイタケの)ほだの安定生産と出荷量増を図りシイタケの10億円産地を目指す」と述べた。

(全文 496 文字 / 残り 276 文字)