加藤廣志氏が死去 元能代工バスケ部監督、80歳

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
加藤廣志氏

 秋田県立能代工業高校バスケットボール部を率いて33度の全国制覇を成し遂げた元監督の加藤廣志(かとう・ひろし)氏が4日午後1時20分、肺腺がんのため能代市の病院で死去した。80歳。

 粕毛村(現藤里町)生まれ。日体大を卒業した1960年に母校の能代工高に赴任して以降、30年間にわたりバスケットボール部監督を務めた。選抜、インターハイ、国体を各11度制覇し、このうち同じ年に各大会を制する「3冠」を5度遂げたほか、インターハイ7連覇を達成。展開の速いプレーで相手の高さに対抗するプレースタイルを磨き、黄金時代を築いた。

(全文 549 文字 / 残り 291 文字)