能代工バスケ部「もう一度日本一に」 加藤さん悼み練習に汗

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バスケ部の練習で打ち合わせをする杉沢監督(左端)、小野コーチ(左から2人目)ら=5日午後、能代工高

 能代工業高校バスケットボール部の元監督、加藤廣志さん(享年80歳)の逝去から一夜明けた5日、同校バスケ部は、33度の日本一に導き同校の名を全国に知らしめた恩人を悼みつつ、練習に汗を流した。選手たちは再び高校バスケ界の頂点に立つ覚悟を新たにしていた。

 部員たちは4日、練習を終えた午後4時過ぎ、杉沢政(ただし)監督(59)から加藤さんの死去を告げられた。杉沢監督は「いつも練習を見に来たがっていたので(加藤さんは)今も体育館にいるだろう」と述べ、部員や練習を見に来ていた保護者ら約30人と共に黙とうをささげたという。

(全文 481 文字 / 残り 223 文字)