モーグルW杯「温かいもてなしに感謝」 県庁訪れ閉幕報告

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
W杯たざわ湖大会を振り返るロタームンド氏(左)

 秋田県仙北市のたざわ湖スキー場で3、4日に行われた「2018FISフリースタイルスキーワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会」のレースディレクターで米国人のコンラッド・ロタームンド氏(55)が5日、県庁を訪れ、堀井啓一副知事に大会閉幕を報告した。

 大会を統括する役割を担ったロタームンド氏は「回を重ねるごとに大会運営の質が向上している。スタッフらによる温かいもてなしも選手に好評だった」と評価した。

(全文 417 文字 / 残り 217 文字)