副組合長の辞任承認 JAおばこ巨額赤字問題

お気に入りに登録

 コメの直接販売事業で巨額の累積赤字と未収金を抱えるJA秋田おばこ(本所秋田県大仙市)は6日、理事会を開き、副組合長を非常勤の理事とする人事案を承認した。この副組合長はコメの直接販売に長年携わり、営農経済部長や営農担当常務などを務めていた。

 おばこでは全農を通さない直接販売で、累積赤字が55億9700万円に上っているほか、宮城県の卸会社からコメの販売代金12億5600万円を回収できていない。

(全文 367 文字 / 残り 170 文字)