教員多忙解消へ対策委、にかほ市 1学期の業務円滑化検討

お気に入りに登録

 秋田県にかほ市議会は6日、一般質問で齋藤光正教育長は、小中学校教員の働き方改革の取り組みとして、4月に「市教職員多忙化対策委員会」を立ち上げることを明らかにした。

 齋藤教育長は「校長会と学校の現状について協議を重ね、教員が1年間で一番忙しく、長時間勤務するのは1学期だと分かった」と説明。年度初めで学校の運営体制が変わり、学級づくりなどに追われるためだとし、「この時期を円滑に進めるための方策を含め検討する」などと述べた。

(全文 372 文字 / 残り 160 文字)