バイオマス発電所の燃料から火 秋田市、けが人なし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
木質バイオマス発電所敷地内で燃料のヤシ殻を焼いた火事=7日午前11時40分ごろ

 7日午前10時50分ごろ、秋田市向浜1丁目、「ユナイテッドリニューアブルエナジー」(平野久貴社長)の木質バイオマス発電所にある屋外燃料置き場(約8千平方メートル)で、燃料として使われているヤシ殻から火が上がっていると、男性社員から119番があった。消防車両5台が出動し消火活動に当たっているが、午後11時現在、鎮火していない。けが人はいなかった。

(全文 375 文字 / 残り 201 文字)