大リーグ、大谷連続出場も無安打 田中はシート打撃形式に登板

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ドジャース戦の3回、見逃し三振に倒れベンチに戻るエンゼルス・大谷。投手カーショー=テンピ(共同)

 【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグは7日、各地でオープン戦が行われ、エンゼルスの大谷はアリゾナ州テンピでのドジャース戦に「7番・指名打者」で臨み、2打数無安打だった。チームは2―4で敗れた。

 野手として初めて3試合連続でオープン戦に出場。三回にメジャーを代表するエース左腕カーショーと対戦し、見逃し三振に倒れた。試合前はブルペンで33球の投球練習を行い、9日(日本時間10日)の3度目の実戦登板に備えた。

 ヤンキースの田中はシート打撃形式の練習でスタントンら主力やマイナー選手を相手に投げ、8アウトを取って5安打1失点、5三振だった。