天海ツナミ、TKOで2階級制覇 江畑佳代子は判定初防衛

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
3回、チャオズ箕輪(右)を攻める天海ツナミ=後楽園ホール

 世界ボクシング機構(WBO)の女子ダブル世界戦が8日、東京・後楽園ホールで行われ、ライトフライ級王座決定戦10回戦で、33歳の天海ツナミ(アルファ)が30歳のチャオズ箕輪(ワタナベ)に8回終了TKO勝ちし、世界ボクシング協会(WBA)女子スーパーフライ級に続いて2階級制覇を達成した。

 ミニフライ級タイトルマッチ10回戦は42歳の江畑佳代子(ワタナベ)がパク・ジヒョン(韓国)を2―0の判定で下し、初防衛に成功した。

 天海は徐々に有効打が増え、左右の速い連打などを重ねた。江畑は的確な左右の連打などでポイントを稼いだ。