あの一戦[甲子園]能代商(2011年1~3回戦)

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【2011年3回戦・能代商―如水館】延長10回裏2死二塁、如水館の二走が右前打で本塁を突くが、送球を受けた能代商の捕手・平川(左)が阻止

■【1回戦】能代商―神村学園(鹿児島)=20票(3位)

 前年の2010年まで県勢は13年連続で初戦敗退の屈辱を味わっていた。県教育委員会は高校野球強化のため、プロジェクト委員会を設置。その1年目に出場したのが能代商だった。

 2点を先制されながら、中盤の集中打で逆転勝ち。主戦保坂祐樹もよく粘った。アンケートでは「勝てない秋田の汚名を返上してくれた」(70代・元監督)、「呪縛から解放されたというか、肩の荷が下りた気持ちになった」(40代・監督)と連敗ストップを安堵(あんど)するコメントが続いた。

■【2回戦】能代商―英明(香川)=5票(9位タイ)

■【3回戦】能代商―如水館(広島)=31票(2位)

(全文 1155 文字 / 残り 857 文字)

▼2011年(第93回大会)1回戦

能代商 000104000 5
神村学園002010000 3
(能)保坂―平川
(神)久保、柿沢―久永
 2点を追う能代商は六回、山田一の適時打と敵失で追い付き、平川の適時打で勝ち越し。犠飛で加点した。保坂は5安打完投。

▼同2回戦

能代商 000101000 2
英 明 000000000 0
(能)保坂―平川
(英)松本―橋本
 能代商は四回、小川が先制の二塁打。六回には保坂の適時打で加点。保坂は7安打されながら粘り強く投げて完封した。

▼同3回戦

能代商 100000000001  2
如水館 010000000002x 3
 (延長十二回)
(能)保坂―平川
(如)宇田、浜田―木村
 能代商は一回、泉と保坂の長短打で先制。二回に追い付かれ、延長十二回に敵失で勝ち越したが、2点を失いサヨナラ負けした。

連載企画:あの一戦 あきた夏の高校野球

この連載企画の記事一覧