津波から逃げよう、園児に読み聞かせ 男鹿署

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
防災紙芝居を読み聞かせる署員

 東日本大震災が発生した11日を前に、秋田県警男鹿署は5日、男鹿市払戸の若美南保育園(矢野千代園長)で防災教室を開いた。署員でつくる「なまはげ語り部隊」が、紙芝居などを通して園児44人に災害時の身の守り方を伝えた。

(全文 309 文字 / 残り 202 文字)