政府、北朝鮮ペースを懸念 米朝首脳会談開催方針に

お気に入りに登録

 政府内では9日、米朝首脳会談の開催見通しを受けて「展開のスピードがちょっと早い」(外務省幹部)と戸惑いの声が上がった。官邸と外務省は、核開発を続ける北朝鮮が米朝首脳会談に向けて交渉のペースを握ることを懸念している。安倍晋三首相は4月に見込む訪米の際、会談に臨むトランプ米大統領と入念に意見調整し、日米の結束を堅持する方針。

 官邸と外務省が特に警戒しているのは、核放棄への見返りを求める北朝鮮の対話路線を評価する声が国際社会で広がる展開だ。河野太郎外相は午前の衆院予算委員会で、圧力強化路線の維持に努める考えを示した。