ロッテ涌井、4年連続開幕投手へ 9度目の大役、井口監督が明言

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ロッテの涌井秀章投手

 ロッテの涌井秀章投手が4年連続で開幕投手を務めることが決まった。西武時代を含めると9度目の大役となる。井口資仁監督は9日、既に本人に伝えていることを明らかにし「経験も大事で、何度も投げている。一番、任せている投手」と全幅の信頼を口にした。

 涌井は米大リーグ移籍を目指して海外フリーエージェント(FA)権を行使したが、キャンプ直前にロッテと再契約した。初実戦となった3日の日本ハムとのオープン戦では、2回を完璧に抑えた。