あの一戦[甲子園]秋田商―済美(04年2回戦)

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田商―済美】9回表、1死一、三塁から秋田商の2番・泉谷の中飛で3走・大高がホームを突くもタッチアウト。捕手・西田=甲子園

■【2004年2回戦】秋田商―済美(愛媛)=5票(9位タイ)

 秋田商は春8強、済美は春の覇者。初戦での対戦はもったいないカードだった。秋田商は2点を先行したが、三回に打者一巡の猛攻を浴びて5失点。その後も壮絶な打ち合いとなり、七、八回で計5点を返したが及ばなかった。

(全文 255 文字 / 残り 122 文字)

▼2004年(第86回大会)2回戦

秋田商 110100320 8
済 美 00520220× 11
(秋)佐藤―大高
(済)福井―西田
▽本塁打 鵜久森(済)
 秋田商は先制したが、四回までに7点を奪われた。終盤に5点を返したが、大量失点が響いた。

この連載企画の記事一覧