「リゾートしらかみ」の模型登場 秋田杉製、能代駅に展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR能代駅の待合室に展示されている「リゾートしらかみ橅」の秋田杉製模型

 JR五能線の観光列車「リゾートしらかみぶな(4両編成)」の秋田杉製模型が完成し、秋田県能代市のJR能代駅に展示されている。実物の20分の1サイズで、車両内部はもちろん、線路も精巧に再現されており、駅利用者の関心を引いている。

 模型は実物同様の4両編成。全長約4メートル、幅約15センチで、ぶな車両の特徴のフードカウンター「ORAHO(おらほ)」(3号車)を再現したほか、線路に細かな木材チップを敷き詰めて砂利も表現した。

(全文 484 文字 / 残り 273 文字)