あの一戦[番外編]「100回」への思い

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨夏の第99回大会で行進する明桜

 県内指導者へのアンケートでは、印象に残った試合を挙げてもらうとともに、今年の全国高校野球選手権(夏の甲子園)が第100回大会となることについての思いを記してもらった。主なものを紹介する。

●―歴史に感謝

 「高校野球の素晴らしさに感謝し、指導者としてそれを引き継いでいくことが使命」(30代・部長)

 「指導者として100回大会を迎えることができ、この上なく光栄。伝統ある高校野球を後世に伝える責任を受け止め、野球人気復活に尽力したい」(40代・監督)

(全文 1150 文字 / 残り 926 文字)

この連載企画の記事一覧