将棋、藤井六段が全勝昇級 順位戦のC級2組

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第76期名人戦順位戦C級2組最終戦で三枚堂達也六段(右)を破った藤井聡太六段=15日夜、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は15日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第76期名人戦順位戦のC級2組最終戦で三枚堂達也六段(24)を破り、10戦全勝で同1組に昇級した。初参加の同2組を全勝で突破したのは過去5人いるが、中学生は初めて。これで2017年度の通算勝利数を大台の60勝とした。

 藤井六段は2月1日に9連勝して同1組昇級を決め、中学生初の五段に昇段していた。同17日には全棋士参加の公式戦で初優勝し、中学生初の六段に昇段。今月13日には勝率など記録全4部門の1位が確定、最年少「四冠王」となった。