囲碁女流国際戦、於之瑩が優勝 黒嘉嘉を下す、藤沢は4位

お気に入りに登録

 囲碁のワールド碁女流最強戦2018は16日、東京都千代田区の日本棋院で決勝が打たれ、中国の於之瑩六段(20)が台湾の黒嘉嘉七段(23)に勝ち、優勝を果たした。日本の藤沢里菜女流立葵杯(19)は、3位決定戦で韓国の崔精九段(21)に敗れ、4位だった。

 同棋院によると、日本主催の女流国際棋戦は初。大会には日本、中国、韓国、台湾、欧州の五つの国・地域から8人が出場し、トーナメントで争った。日本の謝依旻女流本因坊、向井千瑛五段、牛栄子二段は、14日の1回戦で敗退した。