おしゃれ家具200点ずらり アトリオン、19日まで展示会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
アキタコレクションの展示コーナー。左が秋田杉を使った椅子

 秋田県家具工業会(半田健喜理事長)主催の県新作家具・インテリア展が16日、秋田市中通のアトリオンで始まった。県内家具メーカー10社が製作した約200点が並び、デザインに工夫を凝らしたテーブルや椅子などが来場者の目を引いている。19日まで。

 来場者が目に留めていたのが、1月末にイタリアの国際展示会に出品された県産材家具「アキタコレクション」。国際的に活躍するデザインプロデューサー喜多俊之さん監修の下、県内の家具メーカーが製作した。テーブルやついたてなど16点が並ぶ。

(全文 584 文字 / 残り 349 文字)