さまようクマ:大量出没(1)繰り返した「異常事態」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
クマの大量出没を伝える1979年、84年、86年の本紙記事

 人とクマの境界が揺らぐ現状をたどる連載「さまようクマ」の第6部は、クマの大量出没の背景を考える。

 ◇  ◇

 「クマに襲われ死亡」

 「クマ出没しきり」

 「クマの出没記録的」

 1979年、秋田魁新報の紙面にはツキノワグマの出没を報じる記事が相次いで掲載された。

 1年間のニュースを振り返る年末の連載は、初回が「クマ出没」。死者1人、重傷12人、軽傷2人という人身被害が生じた1年を、記事は「『クマ戦争』とも言うべきことしの異常事態」と総括した。

 「こんな所にクマが出るなんて思わないから、初めは犬かと思った。とにかく驚いた」。美郷町に住む佐々木輝男さん(85)は、この年の出来事をそう振り返る。

(全文 1220 文字 / 残り 924 文字)

この連載企画の記事一覧