大相撲、鶴竜と魁聖が8戦全勝 1敗に大奄美、2敗に7人

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鶴竜(右)がはたき込みで松鳳山を下す=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所8日目(18日・エディオンアリーナ大阪)横綱鶴竜は平幕松鳳山をはたき込み、2場所連続となる8戦全勝で勝ち越しを決めた。平幕魁聖も8連勝。

 両大関はともに2敗を堅持。高安は貴景勝を押し出し、豪栄道は琴奨菊を寄り切った。関脇同士の一戦は先場所優勝の栃ノ心が御嶽海を肩透かしで退け、6勝目を挙げた。御嶽海は3敗目。

 全勝の鶴竜と魁聖を追う1敗は平幕大奄美だけとなり、2敗で高安と豪栄道、栃ノ心ら7人が続いた。十両は水戸龍が7勝1敗で単独首位。