ゆうばり映画祭、西口監督が栄冠 大阪芸大出身の23歳

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で「オフシアター・コンペティション部門」のグランプリに選ばれ、トロフィーを手に喜びを語る西口洸監督=18日午後、北海道夕張市

 北海道夕張市で開かれている「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で18日、授賞式があり、若手監督の発掘を目的とした「オフシアター・コンペティション部門」のグランプリに大阪芸術大出身の西口洸監督(23)の「EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」が選ばれた。

 作品は母親の裸を見たのがきっかけで勃起不全になった少年を描いており、西口監督の学生時代の卒業製作。審査員から「弱者に対する優しい目線を感じた。いろんな人たちから支持されていく映画」と評価された。

 西口監督は報道陣に「学生時代に、いけてないグループにいた自分の体験を投影した」と笑顔で語った。

同じキーワードのイベント情報