レスリング日本、中国下し4連覇 女子W杯

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中国選手にフォール勝ちし、ガッツポーズする入江ゆき=高崎アリーナ

 レスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップ(W杯)最終日は18日、群馬県高崎市の高崎アリーナで行われ、日本は決勝で中国を6―4で下し4連覇を果たした。

 各チーム10階級で対戦する団体戦。最軽量級の50キロ級入江ゆき(自衛隊)や昨年の世界選手権55キロ級覇者で53キロ級の奥野春菜(至学館大)がフォール勝ちして流れをつかみ、65キロ級源平彩南(至学館大)が勝って6勝目を挙げて優勝を決めた。

 五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)に対するパワーハラスメント問題発覚後、初めて国内で行われたトップレベルの大会。日本協会の強化本部長が不在となったが、日本の強さを示した。