トーシツ夫婦の結婚、妻が漫画化 「同じ病気の人に勇気を」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
出会いから新婚生活までの経緯を描いた漫画を手にする女性(右)と夫

 統合失調症を患う秋田市の30代女性が、同じ病気の男性と出会って結婚に至るまでの過程を描いた漫画「トーシツの花よめ」を電子書籍で出版した。悩みや不安と向き合いながら2人で成長していく実話を基にしたストーリーで、女性は「同じ病気で悩む人たちが希望を持つきっかけとなればうれしい」と話す。

 2人は秋田市の精神障害者就労支援施設「ごろりんはうす」で出会い、2015年秋に交際を開始。16年8月には結婚し、周囲に支えられながら生活面や収入面の不安を乗り越えて公営住宅での新婚生活に踏み出す。

 漫画ではそうした経緯に触れつつ、女性が苦手だった家事に挑戦したり、頑張り過ぎて体調を崩したりする様子をありのままに紹介。被害妄想や無気力といった症状にもがく一方で、「これ以上夫くんに迷惑かけたくない。夫くんには幸せでいてほしい」とパートナーに深い思いを寄せる場面も描いている。

(全文 1129 文字 / 残り 749 文字)

漫画「トーシツの花よめ」はこちらから