フクタチの葉青々、春の訪れ告げる 羽後町で収穫盛ん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
羽後町新成地区などで収穫が盛んに行われているフクタチ

 秋田県羽後町のJAうご新成園芸組合(高橋和幸組合長)が栽培する町特産の葉物野菜「フクタチ」の収穫が盛んに行われている。同町新成地区などのビニールハウス内では青々とした葉が茂り、春の訪れを感じさせている。

 フクタチは、通常は夏に種をまいて冬に収穫するハクサイを、秋に種をまいて越冬させて収穫する。シャキシャキとした歯応えと甘みが特徴。「春を告げる野菜」として、地元ではおひたしや炒め物、あえ物などにして食べられている。

(全文 489 文字 / 残り 280 文字)