純米吟醸酒「桜名月」今年も発売 井川産米使用の

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年に続き発売された純米吟醸酒「桜名月」

 秋田県井川町とエフエム秋田のラジオ番組が提携し、町内産の酒米「美山錦」を使って仕込んだ純米吟醸酒「桜名月(さくらめいげつ)」が30日に発売された。町産業課は「フルーティーですっきりした味わい。多くの人に味わってほしい」とPRしている。

 町は2015年度に策定した「地方版総合戦略」で特産品開発に力を入れる方針を示しており、日本酒造りはその一環。エフエム秋田で金曜午後6時~6時55分に放送している「ハナキン桜庭編集部」の企画に町が協力する形で、昨年初めて販売した。

(全文 509 文字 / 残り 276 文字)