「飛び出しません」 新入学児童に黄色い帽子 秋田市【動画】

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
穂積市長(左)から黄色い帽子をかぶせてもらう新入学児童=秋田市役所

 4月から小学生になる新入学児童を交通事故から守ろうと、黄色い帽子の贈呈式が3日、秋田市役所で開かれた。市内41小学校を代表した児童が、黄色の帽子やキーホルダーなどの交通安全グッズを受け取った。

 穂積志市長が「朝早く起き、朝ご飯をしっかり食べて夜は早く寝る。そして交通ルールを守って学校に通ってください」とあいさつ。名前を呼ばれた児童は元気よく返事をした後、穂積市長から帽子をかぶせてもらった。

(全文 465 文字 / 残り 268 文字)